英語演習

期末試験、解答案

ごくろうさまでした。
期末試験の答案は研究室前に置いておきます。置きざらしもどうかと思うので、三月頭まで置いて、新年度にもう一週間ほど置くことにします。訂正。返却方法詳細は検討します。研究室に来てくれればお見せできます。

さて、解答案はサンプルをいくつかお借りして。

案1.「筆者は、国が経済的に発展するために一番大切なことは想像力でもって今はまだないものを創造できる人材を育てることであると主張している。このような人材の育成のためには中国のようにただ過酷な勉強を押し付けるだけでは足りず、自国アメリカのようにただ自由に勉強しているだけでは足りないのである。経済の発展を願うならば、中国もアメリカも教育制度の改革が必要となってくるという。どのように学ぶかを学び、そして学び続けることがポイントであると述べている。」 
【中盤やや弱いのですが、要点をカバーしてA。】

案2.「NYTimesは、今の世界で革新を起こすための創造的な人間を育てるためには、数多くの分野に渡って広域に高いレベルの教育をほどこすことが必要不可欠だと述べている。中国が21世紀を担う革新的な国になれないと感じるのも、創造性を育むような国の体制ができていないからであるとのことだ。しかし他の国も同様に、より創造的な者が活躍していく現代社会の中で大きな変化を必要とされているとも述べられている。」 
【「創造と革新」自体を教えることはできません。その準備に何が要るかをカバーして論旨をうまく伝えました。アメリカへの言及は弱い。】

案3.「これからの世界で成功するためには創造性が鍵となる。この創造性によって国家は社会的・経済的に革新を遂げることができる。しかし創造性を手にするためには常に学び続ける姿勢を持たねばならず、そのためにも厳格さや能力と自由とが共存した環境を整えなければならない。今日では中国をはじめとして世界各国が自国の繁栄を目指して施策を尽くしているが、理想的な環境、要素を手に入れるためには、どの国もまだまだ大きな変革を遂げねばならない。」 
【教育制度への特定など多少フォーカスが弱いのですが、全体をざっくりこれくらいつかめればまずは十分でしょう。】

最重要ポイントはふたつの主張です。
1.新時代の経済的繁栄のために、創造と革新の下地となる、高い基礎力に支えられた分野複合的な教育が必要であること。
2.それは、中国をはじめとする急成長国ばかりでなく、なによりアメリカにとっても必要であること。

冒頭に中国事情が入りますが、ここが論説の中心でないことを読み取って下さい。むしろアメリカへの辛口の警鐘です(ここはちょっとしたひっかけですな)。

その上で、「創造と革新」がどうして必要なのか、「創造と革新」の涵養のために何が必要かをうまく既述してパラグラフにしたいところです。

個別には言及があっても、トピックセンテンスをはじめとしてパラグラフの構造が整っているかも注目点。

いかがでしたか?
[PR]
# by getsu3 | 2007-02-17 12:21 | 松原

日本のコメディアン

爆笑問題の太田の事でした。
ゴメンなさい、ロイターです↓↓
NYtimes二月三日です。
太田は日本で有名なコメディアンだ。しかし太田は普通の芸能人と異なり、政治的風刺を述べる。太田が首相役をし、他の芸能人や現実の議員や専門家と共に議論を繰り広げる人気のショーで、共産主義からの脅威を和らげるために、太田は北朝鮮の核を買い取るよう提案した。他にも、安部首相の繰り返し用いる革新という言葉はただの自己満だなどの風刺も言う。小泉前首相の時もそれは同じだった。彼は本を出していて、それも話題を呼んだ。幾らかの人たちは太田に政治をみるが、立候補する野心を持っていないと言う。太田は、自分が議員になれば、コメディアンである今より国民に自分の考えを述べる機会は少なくなる為、それはしない、チャップリンのように何かを成し遂げたいと述べる。

これがいわゆるベタ記事なんですかね?読むのは簡単だったけど、太田さんの紹介って感じで結局太田さんがどう評価されてるのかよくわかりませんでした・・・はい・・多分力不足っすね↓
ああやってTVぐらいでしか政治の詳しい内容をしることが出来ない僕には貴重な存在です。。

本当に遅くなってゴメンなさい
[PR]
# by getsu3 | 2007-02-04 19:53 | 牧野栄二

連絡乞う

吉野君と深尾さんは松原まで連絡されたし。

来週五日は試験です。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-31 17:11 | 松原

体罰の再評価


 日本ではいじめが問題視されているが、いじめと同様に体罰に関しても物議を醸している。現在の体罰禁止令のもとでは教師は手も足も出せず、いじめを助長させるだけだと委員会の一員である義家氏は言う。

 これは政府の教育再生会議についての記事であるが、これで体罰を部分的にとは言え認めてしまったらどうなるんだろうか。。。誤った解釈をした教師がいたとしてもおさえられなくなるかもしれない。現代の子供たちはより神経質というか繊細になったように思える。教師はこれまで以上に慎重に子供と接していかねばならないと思う。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 12:51 | 戸来 歩

女性は「産む機械」?

柳澤伯夫厚生労働相は日本の出生率の低下、高齢化を改善するため、最善を尽くさせようと女性たちを召集した。ここで彼は「女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と発言したらしい。
日本はここ数年で出生率は大きく低下し、世界一の高齢社会である。この傾向は日本の経済成長への影響と年金の問題も懸念されていて、阿部総理もこの問題への取り組みを行うといっている。

1月27日のBBCの記事です。

「産む機械」は女性に対してのあまりにもシビアな表現なので、正直この記事を読んで驚きました。日本での記事も読みましたが、いろいろな人が、この発言に対して批判していて、中には柳澤伯夫厚生労働相に辞任を要求している人もいるようでした。でも、このBBCではその周りからの批判の記事はありません。日本とBBCでは、この記事で伝えたいことが違っている気がしました。日本での記事の焦点は柳澤伯夫厚生労働相の発言の欠点で、BBCでは少子高齢化の今の状況の厳しさではないでしょうか。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 11:36 | 作井浩美

明るい展望

ブレア英首相はスイスのダボスで開かれたWorld Economic Forumで、当会議が気候変動に対する長期的対策目標の大きな躍進につながるであろうと述べた。この発言の背景にはアメリカの態度の飛躍的な変化がある。首相はさらに、ドイツのG8議長が2012年に期限切れとなる京都議定書に代わって新しい国際的協定を結ぶ機会を申し出たことについても言及した。
「我々は躍進のときを迎えようとしているかもしれない。」と首相は言った。

イギリスもアメリカの気が変わるのを待ち望んでいたようです。
記事の中で「京都議定書に代わる新しい協定にはすべての主要な国の参加が不可欠だ」とありますが、「主要な国」の筆頭ににアメリカがくることはいうまでもありません。しかしあくまでmajor countrieseといっている。ぼかしているようにも思えます。少し強引かもしれませんが、アメリカ抜きにはどうしようもないことを、わかっちゃいるけど認めたくない、そんなジレンマみたいなものがあるのではないかと私はみています。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 11:15 | 権藤由貴恵

納豆

今月、上旬放送された『発掘あるある大辞典Ⅱ』の内容にうそが含まれていた。その、放送に関与したスタッフの大まかな処分が決定した。
この番組の元である『発掘あるある大辞典』でも、過去に放送内容に使用されているコメントや実験資料を番組の都合の良いように編集されていたことがあったようだ。


1月29日 japan timesの記事です。

 私も、私の家族も友人も、みな信じていただけに、ものすごくショックでした。
やはり、TVだと都合のいいように編集してしまうのは、いくらか仕方が無い点もあるのかもしれませんが、うそを報道するのはどう考えてもよくありません。
メジャーリーガーのイチローが、以前インタビューで言った一言を、その部分だけ抜き取って使用され、確実に誤解を生むような報道をされてしまったらしく、それから彼は報道陣の前であまり発言をしなくなったようです。視聴者としては、だいたいのことを信じて見ているわけですから、期待を裏切られ、今までのこともうそであったように感じてしまいます。残念です。

初めて、japan timesで記事探しをしてみましたが、日本のことを英語で書いてあるだけがために記事探しがものすごく難しかったです。結果、みんなが知っているフツウのニュースをとりあげてしまい、投稿しといてなんですが、今回の記事選びは若干失敗であったかと・・・

今後も、頻繁に英字新聞に目を通すようにしようと思いました。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 10:28 | 崔 裕美

ヒラリー・クリントンとNYTimes

前回はBBCと英メディアを取り上げましたが、今度は米メディアNYTimesで行きます。

ヒラリー・クリントン議員はアイオワで大統領選へ向けて遊説を開始した。演説のほとんどがイラク戦争についてで、ブッシュ大統領の批判をした。そのほか、自分が女性であるということを特徴として強く出ている。

この記事ではクリントン議員の支持者に話を聞くなどしてクリントン議員に好意的な書き方をしているように感じます。BBCはヒラリー議員の当選の可能性があまりないような書き方だったので、ちょっと安心しました。
ABCとも比較しようと思ったのですが、時間の関係でできませんでした。すみません。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 07:19 | 鳥井小夜子

鳥インフルエンザ

日本で鳥インフルエンザが大流行しています。
H5N1というウイルスが日向の養鶏場の鶏から発見され、多くの鶏がその感染のため処分されました。近所の養鶏場でも予防として多くの鶏を処分しました。
というのも、鳥インフルエンザで命を落としている人が世界中にいるからです。
H5N1ウイルスは人間から人間に感染する型になる恐れがあります。もしそうなったら、世界的な感染病となり、何百万という人の命を脅かすものとなるだろう。

BBCnews 1月27日に記事です。

・・・ただのインフルエンザとこんなにも違うということはあまり考えたことがありませんでした。甘く見てました。海外ニュースでも「日本で」と、報道されるくらいです。早く特効薬なり、予防策ができるといいですね。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 03:24 | 今西真澄

CNN Healthより

ダイエットにはやっぱり食事に気を使うのと運動とを組み合わせたほうがいいみたいです

食事制限と運動を組み合わせることによりよくやせることが実験より証明されました。食事制限だけでは、筋肉がそこまで落ちなかったのですが、同様に脂肪も落ちなかったそうです。運動だけでは、新陳代謝がそんなにあがらなかったみたいです。高度にトレーニングされた身体は消費量も少なくしようとするからです。研究者も極度な運動は心臓によくないとしています。要するに、適度な運動と食事が一番だということです。



・・・・・なんか当たり前の事書いてある気がします・・・・また読みを間違えたのかな(-ω-;)ウーン
まぁ、どっかの番組とは違い、ちゃんと実験結果があることを信じてます。
それにしても、運動だけでもだめっていうのは、改めて思うと「へぇ~」って感じますね。
とにかく、最後に書いてあるように、なにをするにしても「適度」が一番だと思います。

ダイエットダイエットって騒ぎ過ぎちゃう世の中だけど、自分もよく言っちゃうけど、そんなのなんかさみしい生活だと私は思います。食べ物や健康に関する記事は気になっちゃってよく読むけれど、「へぇ~」ってつい熱中しちゃうけど、自分が食べることが好きなだけにこういうところで科学が進めば進むほど、なんだかたまにさびしくなります。もちろん科学の力はすごいと思いますよ!でももっと人間らしく生きてもいいのではないでしょうか・・・最後の「適度が一番」という研究者の言葉にほっとしつつこれからも食に関する記事を読んでいきたいです。
[PR]
# by getsu3 | 2007-01-29 03:12 | 雨宮奈都子



英語演習
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31